忍者ブログ

2017-10-24 00:16

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009-03-18 15:58

『超激し過ぎる激マン』

『始まりはいつも突然』

私が通信対戦に足を伸ばそうと、MastAttackの日記に書いたんですな。

基本的に、普段は自宅では作戦研究を行っているため、あまり通信対戦には興味がなかったんです。それでもVASLを導入せんとイカンだろう、と言うことになりーの。MastAttackの日記に書きーの、したんですな。

ところが有効な情報は入らず。結局、千葉会でふるきゅさんに教えてもらいーの、6ゾロさんにテキストをもらいーの、ルセロさんからPCを実際の見せてもらいーの、しまして。最終的にvaronさんからスカイプ攻撃でVASLからVAASLまで導入できた訳です。

それにしても、リアルな知り合いが頼りってどおなのよ?と愚痴った次第。

さて、自称”エース”さんとは、結構頻繁にメールの遣り取りをしてましてね。

『激マン』が熱いメールがキタ――――(°∀°)――――!!!ので、ちょうどVAASLの導入もできたことだし、「やってみない?」と聞いたところ。「今晩からですか?」と嬉しい返事。いきなりの対戦になりました。

こちらもVAASLの使い方は心持たないので、varonさんのHPにある『激マンの使い方』で慌てて習得。大変、参考になりました。これがなかったら、対戦なんかできなかったなぁー、っと。

ちなみに、パスグロは入れてみたものの、動かないっす。何故だろう。

では、主題である『超激し過ぎる激マン』のリプレイを始めよう。言葉使いも変えてしまえ。

突然に始まった対戦は、当人同士の思惑と違い、名勝負になる物だ。

私・yagiはソ連軍を担当して、ドイツ軍の増援の主力である第1装甲軍(1Pz)を見たことがなく、それまでにドイツ軍を投了に追い込んでいる。自称”エース”さんは、独自の作戦により『激マン』に参入して早々、ソ連軍を投了へと陥らせている。

『1ターン』

ソ連軍の狙いは、北部でのラッシュだ。ハンガリー第2軍(H2A)の掃討を終えられれば、ソ連軍の増援を阻止する必要がドイツ軍に出てくる。これがポポフ・ランと呼ばれているのもだ。4ターンにドイツ軍の増援がない時点で、ソ連軍がドイツ軍の戦線を崩壊へ追い込んでいると、鉄道線を使って増援を何処までも送り込め、サドンデスが決定するのだ。

このゲームはチットを引くたびに、引かれた司令部が活性。その指揮範囲のユニットが移動と戦闘を行える。チットに好みが分かれるものの、ルールはシンプルで劇的な効果が演出できる。まさに、今回の対戦のように!

ソ連軍は北部でラッシュを行った。チットの流れは、ドイツ軍のものだった。事前に行動して、ソ連軍の圧力が高まる前に撤収できたのだ。特に、H2Aでの後退は大きい。ソ連軍のチットが続けば、後退も許さず包囲が可能だったのだ。

南部でのラッシュが話題になっていたが、私は否定的だ。25%で第4装甲軍(4Pz)を壊滅に追い込めるのだが、逆の確率では75%で失敗に帰するのだ。

それなら、南部では1ターンを兵力集中に使い、2ターン以降にラッシュをかける方が有効だ。何故なら、多くの場合でドイツ軍はドネツ河まで後退を行う。そうすると

、それ以上の後退は不可能なのだ。そこをラッシュで押し捲り、崩壊へと追い込むだ。

今回は4Pzが最初に動き、装甲師団を撤収できた。次は、ソ連軍のチットが続く。前線の歩兵師団を飲み込み、赤い津波となってドイツ軍へと進んで行った。

それから、ドイツ軍のHolidtが活性。ドネツ河へと撤収すると思い込んでいた、ソ連軍を嘲笑うかのように反撃に出たのだ。前衛の機械化師団は、大損害とともに撃退される。

ソ連軍は「ドイツ軍は無くなるぜ」と立場を忘れて危惧していたのだ。そしてそれは現実となる。

このターンの行動は、図の赤と青の矢印で想像してもらいたい。


 
 

『2・3ターン』

2ターンが始まってソ連軍のチットが連続する。しかも南部でのラッシュだ。

反撃に出て、がら空きになっているドイツ軍の側面へ殺到。装甲師団が2個壊滅。ドイツ軍に動揺は走る!

ここでカップを確認すると、ドイツ軍がチットを入れ忘れているのが判明。やり直しの要求があるかと思いきや、そこは漢の自称”エース”さん。継続を宣言。

しかし、ソ連軍のチットがなくなると、ドイツ軍のチットが続くことと同意語だ。そしてドイツ軍は猛反撃を行うのだ。

これはもう図の矢印を見て想像してもらうしかない。半包囲に陥っていた装甲師団が離脱。逆に囲んで攻撃。ソ連軍に大損害を与えた。

3ターンになっても、ドイツ軍の暴風は止まない。ソ連軍のラッシュと喰い合いを展開する。そう、私が提唱している「ロストフ・ラッシュ」と自称”エース”さんの「激マン・スパーク」がぶつかったのだ。

両軍ともに損害を重ねて行く。マップの右下と南部のソ連軍を見て欲しい。壊滅したりステップロスした部隊が続出しているのが判るだろう。この激戦はドイツ軍の優位に進んでいた。

しかし、北部のドイツ軍は放置されていたのである。

この図は3ターン終了時なのであるが、ヴァルイキ(Valuyki)の付近でステップロスしたドイツ歩兵師団がある。これが3ターン最後で7:1の包囲攻撃を受け、壊滅していれば、ポポフ・ランどころか3Tk・ランが決まっていたのだ。

ソ連軍に悔いが残るとしたら、自称”エース”さんの性格を見誤っていたこと。

まさか、ここまで徹底して南部の反撃を行うとは思えなかったのだ。1GA司令部の位置を見て欲しい。

これは、この周辺でドイツ軍が攻撃に出ることを予測し、対応させるために配備したのだ。

ドイツ軍が、南部における反撃のみであると読めていたら、1GAと6Aを集中しただろう。そうすれば、サドンデスがこのターンに決まっていたのは、誰にも止めようのないことだったのだ。

そして激戦は続く。

『4・5ターン』

ソ連軍は今更にドイツ軍の戦略を確信。

その裏を取って、北部のラッシュへと移行する。しかし、司令部や部隊が分散されているため、それがなかなか捗らないのだった。

4ターン始まってすぐ、北部のドイツ軍戦線は崩壊する。3Tkがハリコフへと急進。すでに分散を始めている1GAと6Aは、それぞれ進路を別にする。1GAは道路を伝って南下。スタリノへと突入する。6Aは3Tkに置いておかれた部隊を拾い集め前進。そして、弱体なルーマニア師団が生き残ったとこにより、ポポフ・ランも失敗する。

対する、ドイツ軍は大返しを決行。連続チットにより、主力のドネツ河へと撤収させる。危険なハリコフには精鋭GD師団と19装甲師団で反撃、さらに死守する構えを見せる。しかし、それは死への罠だったのだ。

ソ連軍は強固なハリコフへは無理攻めをせず、包囲を行いターンの終了を待った。そう、孤立させれば戦力が半減するのだ。これにより、精鋭部隊も耐久力がなくなったといっていい。

5ターン、ドイツ軍は危機的なへと急行。救出を狙う。

しかぁーし、武運つたなく2個装甲師団は壊滅。これにより、損害によるVPが23となりサドンデス目前となったのだ。

諦めを知らぬ漢・自称”エース”さんは、ハリコフの奪還を目指す。大返しの装甲師団を展開。反撃の態勢を整える。

すると、またもやソ連軍がスタリノへと突破。

ロストフ周辺の補給が切断される危機となる。一旦、反撃を取止め、突出したソ連軍を排除。取って返すこととなる。

ソ連軍はドイツ軍に集中させないため、全戦線に渡って圧力を加えて行く。

そして迎えた6ターン。

そこまでドイツ軍に味方していたチットが、ソ連軍へと傾く。5Sh、3Tkと続いた後にSTAVKA。

ハリコフ周辺で傷ついた歩兵師団スタックが壊滅。これにより、ソ連軍のサドンデス勝利が決定したのだ。

図は歩兵師団が壊滅し、勝負が決まったところだ。

スタックは除去していないので、確認ができる。大きな画像もアップしてある。

他の攻撃もまだ終えていない。もう、1~2個はこの活性で壊滅できたハズだ。

劇的なゲーム展開を象徴するように、歩兵師団の攻撃を終えたと同時にVAASSLのサーバーともアクセスできなくなってしまった。

敢えて言わせてもらおう。

近年稀に見るほどの名勝負だった、と。

この対戦を終えたのが深夜の1:30。翌日の私は5:00起きだったが、この対戦を思い出す度に顔がにやけて眠気を覚えなかった。

自称”エース”さん。感動をありがとう。

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictogram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

2009-03-19 12:35

言いまつがい

VAASLやのうて、VASSALだがや。
VAASSLとも書いてあるな。
むちゃくちゃですがな。

2009-03-19 23:37

言いまつがい

こんな人でも、
こんな人でも、
うちの大事な師匠どす。
どうか信長はん、堪忍したっとくれやす・・・
これ、このとおり~
(ここで三味と謡が入る)

2009-03-19 23:38

しかし・・・

大きな写真を貼ると、サイドバーが下に行っちゃいますね・・・

2009-03-20 08:25

観戦武官

途中からですが、リアルタイムで観戦させて戴き、「激」のおすそ分けをもらいました。

改めて対戦の御2人に感謝!!

2009-03-20 15:18

無題

>VAASLやのうて、VASSALだがや。
>VAASSLとも書いてあるな。
>むちゃくちゃですがな。
>その他ALL
はいはい、却下却下。似たようなモンだし。
わかればいいのん。

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新CM

[04/28 yb-tommy]
[03/26 yagi]
[03/25 Wilandor]
[02/24 yagi]
[02/24 yagi]
[02/24 少将]
[02/24 軍曹亭!]
[02/19 yagi]
[02/16 西新宿鮫]
[01/28 yagi]

最新TB

プロフィール

HN:
yagi1964
性別:
男性

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

アクセス解析

フリーエリア