忍者ブログ

2017-11-20 13:02

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2015-03-17 18:17

『十三日の金曜日』

ASL J59『FRIDAY THE 13th』

私とy.nakanoさんとの対戦です。やっぱりASLはいいんですよー。
私も久々ですし、y.nakanoさんも時間が心持たないため、小さめのシナリオを選びました。

『初期配置』

ドイツ軍が村を襲撃するシナリオで、DRして私がソ連軍。y.nakanoさんがドイツ軍を担当しました。
さて、初期配置の狙いはですね。
ドイツ軍の主力は左翼(ソ連軍から見て、写真と同じ方向になります。以降同じ)から、攻めて来ると予測。
これは読み通りでした。

ソ連軍の狙いとしては、攻撃側の主力にガチンコ対決するのはリスクが高い。そこで、そちらへは時間稼ぎの警戒部隊を配備。
右翼からのドイツ軍は中央のソ連軍主力が止める。撃退は難しいでしょうから、前進させないくらいっすか。
そして段階的に後退していき、最終的に村の占領を阻止するつもり。

『1ターン』


ドイツ軍は左翼から、主力を寄せてきます。
ソ連軍の射撃は1回だけ。

まだ慌てる時間じゃない。
 
1ターンのドイツ軍が終了した時点。まあ、それなりって感じですか。
ドイツ軍の兵力は、5-4-8のエリートが10個分隊。それに4号駆逐戦車が3輌。ソ連軍は4-4-7が8個と2-3-7半個分隊が2個、それに57mm対戦車砲が1つ。
ドイツ軍の布陣は、右翼に3個分隊=1個小隊。左翼に7個分隊、それに4号駆逐戦車の全てを突っ込んでいます。

ソ連軍は下がるんだよな。普通は。
ドイツ軍の寄せに付き合わず、後退させています。ドイツ軍も防御射撃をしましたが、効果はありませんでした。
何せ、6ゾロ出して機関銃が故障してますからね。それはダメでしょう。

『2ターン』

ドイツ軍は4号駆逐戦車を巧妙に使いまして。前衛のソ連軍がいるへクスへ突入。
sN(スモーク・ディスチャージャーの似たようなもの。白兵戦でも使えます)で煙幕を張るのに成功したら通過。煙幕が出なかったら、そのまま居座って無力かします。そして歩兵が駆けつけて、白兵戦を挑み。排除しました。
そうそう、AFVはこんな事ができたのねー。忘れてますた。
これで右翼のソ連軍前衛は崩壊。左翼も、まあ押し込まれていますが、こんなモノ。
それにしても、y.nakanoさんの「鉄条網を恐れてはいけないんです。」には、驚きました。絡まったら。身動きが取れなくなり。痛い目に遭ったのでした(トラウマ(´・ω・`) 。

ソ連軍は、「まだ慌て(ry)」。
ジリジリ下げてですね。若干、布陣を変えています。と言われても分からないですね。「?」マーカーだらけですから。
前衛のATR4-4-7が混乱して下がってます(DMマーカーが乗っている)。

『3ターン』

ドイツ軍は左右で前進に成功しています。
左翼では、警戒部隊を白兵戦で排除。ソ連軍として、結構食われています。右翼では村へ突入。石造建物を占領しています。
で、そろそろいいでしょう!と、ソ連軍の対戦車砲が火を噴き。
中央部で木造建物へ突入したドイツ歩兵に射撃。これが2KIAとなり、兵力の少ないドイツ軍には痛くなりました。

ソ連軍は左翼に1個分隊を残して撤収。右翼から中央へ兵力を集中。ドイツ軍は歩兵が削られたものの、対戦車砲の位置が分かった、と気を取り直しています。


『4ターン』
 
左翼は警戒部隊が予定通りに、ドイツ軍の前進を遅らせて。しかも、白兵戦を挑まれたものの、不意打ちを取り離脱に成。ここは予想以上に上手く守れています。
問題はドイツ軍が進撃っている中央から右翼。
やはり、AFVの効果は絶大で、ソ連軍の防御計画は崩され。押され気味。
 
さて、ソ連軍ですが。
50口径機関銃が火を噴いて、左翼からのドイツ軍を撃退。
警戒部隊も、ドイツ軍からの射撃を耐えて、戦線の一翼を維持しています。
右翼でも57mm対戦車砲が活躍。
ドイツ兵が占領した石造建物への射撃が当たり、そこの5-4-8を混乱させ。それの捕虜に成功。
これでドイツ軍の兵力は、かなり減りましたので、守れるなぁ、と。

『5ターン』

ソ連軍の読み通りには、ゲームは進みませんでした。
左翼からの攻めで、ソ連軍が頼りにしていた50口径機関銃は役に立たず。白兵戦からの戦果で、ドイツの人は、強くたってしまいますた。
右翼では、何とかドイツ軍の前進を食い止めていますが、四号駆逐戦車の活躍次第。そうそう、1輌は対戦車砲により撃破できています。

で、ソ連軍にとり一番の予想外だったのが、守りの要である50mm対戦車砲と9-1指揮官、それに4-4-7分隊が凶暴化。今ルールを読み返せば、対戦車砲の操作班は凶暴化しませんでしたね。この時には忘れていましたけど。
このスタックには6+1指揮官がいて。それが混乱からの回復で凶暴化しやがり。それに釣られて9-1指揮官、4-4-7分隊まで巻き込んで凶暴化。
その凶暴化連中の突進にですね。
何とか、有効化手当てができないか、各所から射撃を行いまして。何とか、2-3-7半個分隊が生き残りました。

『6ターン』

さあ、最終ターン。
ドイツ軍は村の占領に駆け回ります。ところが、白兵戦はソ連軍の圧倒的優位に進む。
四号駆逐戦車がVBMフリーズして、そこへ5-4-8分隊が突入。
車両があると、白兵戦は同時解決でなく、順序があるものになり。この最初でピンゾロ。ドイツ軍を排除とともに、ヒーロー誕生。これでドイツ軍には勝利条件を達成する術がなくなり、終了となりました。
いやー、久々のASLでしたが、ギリギリの勝負になって楽しかったです。


以上で、『13日の金曜日』のリプレイを終わります。

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictogram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

2015-08-16 14:01

対戦

どうもありがとうございました。またお願いします。

2015-08-17 21:30

>対戦

あら、ずいぶん古い記事にコメントなのね。
こちらこそ、どうもです。
ASLはいいですよねー。

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新CM

[04/28 yb-tommy]
[03/26 yagi]
[03/25 Wilandor]
[02/24 yagi]
[02/24 yagi]
[02/24 少将]
[02/24 軍曹亭!]
[02/19 yagi]
[02/16 西新宿鮫]
[01/28 yagi]

最新TB

プロフィール

HN:
yagi1964
性別:
男性

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

アクセス解析

フリーエリア