忍者ブログ

2017-04-28 03:48

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010-06-22 16:21

『第七十九回千葉会の報告』@土曜日

六月十九日(土)

参加者は12名。
プレイされたゲームは以下の通り。
コマンドマガジン『BUDAPEST'45』
GJ『激闘!グデーリアン装甲軍』
AH『THUNDER AT CASSINO』
JWC『日露戦争』
HJ『エンデバー』
たちばな製『オーラファイト』
たちばな製『ドレイクの野望』
ソルジャー製『突撃ウラジオストック』
ASLは2ゲーム
S1『RETAKING VIERVILLE』
ASL1『FIGHTING WITHDRAWAL』
写真は昼前の全景。
逆光がウォーゲーム会場らしい雰囲気を伝えていますね。
左にはカラフルな手提げで隠れてる『カッシノ』卓。右には四人が『エンデバー』を広げている最中で、その向こうには『プタペスト45』。そして真ん中には『日露戦争』卓。
以上の布陣です。
個人的にですが、この日は何時にも増して楽しく有意義でした。
私はウォーゲームなら、何でもそれなりにできます。しかし、苦手としている物もあり、それが『アムンヘン強襲』。そのコツを掴めたような思えます。
次に、たくさんのウォーゲームをプレイして感じるのは、ASLの高い完成度。そのASLが対戦できました。
そして、たちばなさんとF男さん、さらにかみさんという、同人やB級ゲームに関しては芸達者なお三方と話しができてね。
今思い返しても、顔がにやけるような一日でした。

 


『対戦記録と立て看板』

こちらが対戦を記録したホワイトボード。
WWⅡの作戦級からマルチゲーム、そして同人ゲームまで幅広く対戦されました。WWⅡの作戦級があるトコが、ちはら会とはちょいと違いますね。自慢ですが何か。
入口には、このような立て札を書いておきました。
会場によっては、あちらで立て看板を用意してくれるのですが、この松戸森のホールは自分達で書く必要があります。そこで私が筆を取り、ちゃっちゃっとやっつけました。何か、(゜∀゜)イイ感じだったので、写真に撮っておきました。



『突撃ウラジオストック』

mitsuさん、MMさん、たちばなさん、それにこの赤色のシャツは山崎さんかな。四名でバルチィック艦隊を率いていました。
私が編み出した「最小マイナス作戦」は、誰も使いませんでしたねぇ。勝率は高いと思うんですけど。
これを使わないとなると、先に日本海へ突入したプレイヤーから負けが確定して行くため、その手前でみんながウロウロするハメになるんですよねー。
ちなみに、今回は誰も小賢しい技を使わず、ガチンコで突破を目指し、最終のMMさんが日本艦隊をボカチンさせて、自分の艦船をウラジオストックへ到着させるのに成功。勝利をゲットしていました。

一応、ゲームの紹介もしておきましょうか。
各プレイヤーがバルチィック艦隊の一部を率いて、ウラジオストックを目指す、というゲームです。それで自分の率いた艦船がウラジオストックに着いたり、日本の艦船を沈めるとポイントを獲得し、自分の艦船が沈められるとポイントを失います。で、全てのプレイヤーが日本海へ突入し、日本艦隊と戦うと、ゲームは終わり、その時点で一番ポイントを獲得している人間が勝利となります。
艦隊が進むのは距離カードを並べて行くで、出港前や寄港地で自分の艦隊を増強する事ができます。距離カードが18000海里進むと、日本海へ突入となり、日本艦隊との戦闘を行います。日本艦隊はイベントにより、増強したり減少したり、更には作戦カードで。まあバルチィック艦隊は痛い目に会うんですね。
プレイヤーの考え方は二つあり、さっさと出港し、日本艦隊の準備が整う前に日本海へ突入する。次は兵力が整うまで出港を遅らせ、強力な陣容で日本艦隊を圧倒する。これが普通。
私が考えたのは、普通に日本海へ突入しても、強力な日本艦隊の前に自分の艦船を沈められてしまう。そのため、ポイントがマイナスになるのは避けられない。だから、最小の艦船を率いて出港し、日本艦隊に沈められても最小のポイントで終わる。動機は不順ながら、ロシアへ帰るという選択肢がない以上(あったらあったで問題だが)、勝つには一番の近道。
もしくは、プレイヤーを増やしてですね。
犠牲の艦隊が突っ込んで、日本軍の艦船に損害が出たり、作戦カードが尽きるまで待つ、と。
だから、日本海を目前にして、「誰か先に行かないかなー」とウロウロするんです。だいたい、最初や2番目までが酷いことになってまして。
これを防ぐルールを作っておかないと、延々と終わらない事態になりますね。
でも、簡単な短時間で終わり、雰囲気もGoodです。



『日露戦争』

いつもの『日露戦争』も健在。山崎さんとsawadaさんが定期戦を行っていました。ラスボスの山崎さんが二連勝していた模様です。




『エンデバー』

マルチゲーム組から、日露組が抜けて、それとは別に遅れて到着のたちばなさんとF男さんが合流し『エンデバー』へと。
その側面に書かれたHJのマークについて論争が。
F男さんが「箱の横にHJのマークがあると嬉しくなるんですよ」と言えば。
yagi「私はHJが嫌いなんでダメです」「これまでにした仕打ちを考えると」と反論。
F男さん「でもね、そっぽ向いて出て行ったボードゲームから、また帰って来るのが嬉しいんです」
F男さん「まあHJが嫌いなのは疑問の余地もありませんけどね」に、一同深く同意した次第。


 

 

拍手[1回]

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictogram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新CM

[04/28 yb-tommy]
[03/26 yagi]
[03/25 Wilandor]
[02/24 yagi]
[02/24 yagi]
[02/24 少将]
[02/24 軍曹亭!]
[02/19 yagi]
[02/16 西新宿鮫]
[01/28 yagi]

最新TB

プロフィール

HN:
yagi1964
性別:
男性

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

アクセス解析

フリーエリア