忍者ブログ

2017-05-27 05:47

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012-02-26 11:03

『第九十八回千葉会の報告』@その2

『ロシア内戦』

この日、一番で対戦されたのがですね。
お恥ずかしながら、千葉会のオリジナルである『ロシア内戦』でした。
これは以前に対戦して好評を博した『傭兵隊長』からインスパイアして作成されたものです。定評のあるゲームシステムですので、このゲームも手堅い出来となっている・・・んじゃないかな(#^.^#)。
来月開催されるゲームマーケットにて頒布予定でいます。宜しくお願いします。
 
 
コマンドマガジン『装甲擲弾兵』

ASLが全盛な千葉会でも、このエポック時代に開発され、コマンドマガジンで再販された『装甲擲弾兵』は度々対戦されています。ルールがASLに比べて簡単ですし、戦術級のツボを押さえています。
今回、対戦したのはMatさんとBaikmanさんでした。
ユニットの表示が、エポック版は数字の羅列だけで、対戦の盛り上がりを下げるできでした。しかし、コマンドマガジン版は中央にイラストが入り、それでいて数値は確実に読み取れるように、機能的になっています。
もっと色々なサークルで対戦数があってもいいようなモノですが、それほど聞きません。ちょっと不思議というか残念というか(´・ω・`)。
ちなみに、Matさんはエポック版まで持ち込んでおり、そのショボさを見せてくれました(´・ω・)ω・`) キャ-。
MatさんとBaikmanさんでPGシナリオ6『アバランシュの道』EFシナリオ7『パンツァー・カイル』の2シナリオを対戦していましたね。
この写真は1戦目のPGシナリオ6『アバランシュの道』になります。
ドイツ軍がアメリカ軍の戦線を目指すのですが、この時点でそれは不可能になっていた模様です。
 
 
コマンドマガジン『VICTORY AT SEA

海戦といえばたけきょんさん、それにHNもそのままの提督さんが対戦していました。
陣営はですね。英国艦隊の配置が分からないという意見があり、提督さんが枢軸軍を担当、たけきょんさんが連合軍を担当していました。
私は、このVICTORY AT SEAが苦手なんです。
何度やっても、良く分からない。
良く分からないから、次にやる気力が沸かないんですね。
 
 
コマンドマガジン『日露大戦』

ミルナーさんと山崎さんの対戦です。
ミルナーさんがロシア軍、山崎さんが日本軍を担当していますね。
むむむ、空気を読まず山崎さんの日本軍が、ロシア軍を追い詰めているようです。7ターンでこの状況では、ロシア軍に勝ち目はありませんね。
さて、ミルナーさんは最近、お子さんともこの『日露大戦』で対戦を重ねており、どうにも連敗をしている模様。
そこで千葉会で連度を上げるべく、連戦していました。
この日だけで5~7戦していましたから、きっとコゾー君にも勝てるようになったでしょう( ̄∇ ̄;)。
 
 
コマンドマガジン『モスクワ’41
 
HAさんとPONTAさんの対戦でした。
この対戦で面白かったのが、ゲームを持ち込んだHAさんが忘れ物をした事。しかも、それはターントラックで、そこにはソ連軍の増援スケジュールが書かれていました。そのため、対戦が不可能な事態に陥ったのでした。
そこでtwitterから、「モスクワ41のターントラックをお持ちの方助けてくだされ…」、と呼び掛けてみたところ。
twitterに写真をアップしてくれる方がいまして。多少、不鮮明な部分もありましたが、何とか解析。それを手持ちのホワイトボードに記入し、お手製ターントラックの完成。
ようやく対戦へとこぎつけたのでした。
さて、写真の左がゲームの準備をしているところ。
陣営は、ドイツ軍をPONTAさん、ソ連軍をHAさんが担当。
右が1ターンを終えた時点になります。
ターン終了時点で写真を撮るつもりでしたが、何だかんだと忙しく、この2枚しか撮ることは出来ませんでした。
そこでHAさんがtwitterにアップした写真を流用。
  
その展開を
最終的には、ソ連軍が守りきっていた模様です。
 
 
アークライト『傭兵隊長』
  
さて、先ほど挙げた『ロシア内戦』の元となった『傭兵隊長』になります。
合計2戦しましてね。1戦目は4人戦、2戦目は5人戦でした。2戦とも、サイコロを使わなければ、部類の強さを発揮するsawadaさんの勝利でした。
対戦中に「洗面器に顔を浸けて、何処まで我慢ができるかを試す」との表現があり。これが見事に現していましたっけ。
私?私は育ちが卑しくて「オイシイ物は最初に食べる」主義ですから、全然ダメダメでしたお。
 
 
コマンドマガジン『NO RETREAT

定番となっているNO RETREATも対戦されておりました。
ちょうどNO RETREATが出来る、私、miyaponskyさん、KBさん、それにMatさんの4名が空きましてね。
私とmiyaponskyさん、KBさんとMatsさんの組み合わせでした。
私とmiyaponskyさんの対戦はですね。私がソ連軍、miyaponskyさんがドイツ軍を担当。
1ターン、2ターンとソ連軍が(゜∀゜)イイ感じで守っていたのですが。3ターンにちょっと欲張ったら、これが失敗。一気に突き崩されてしまいました(´・ω・`)ショボーン。
もう1組の対戦はどうなったかは不明です。2人ともいとこの錬度だったんですけどね。
 
 
コマンドマガジン『日本機動艦隊』

こちらは海戦といえば、たけきょんさん。それに断鉄さんが参戦していますね。
このマップを見ると、どうやらインスト状態ですね。多分、真珠湾シナリオ・・・。と思ったら違うか。島の形が・・・。あら、やっぱり分からないや。
 
 
 
コマンドマガジン『日露戦争』

山崎さんとsawadaさんの師弟コンビが対戦していました。
この雰囲気ではsawadaさんが日本軍、山崎さんがロシア軍を担当している模様です。
ふむふむ、写真は2ターンの日本軍が移動を考えているところですね。
 
 
『ディスティネイション・アルデンヌ』

YさんがHAさんと「手ごろなゲームをやりましょう」との約束をしていたそうで。
そこでSL-Gamerの付録ゲームである『ディスティネイション・アルデンヌ』を対戦していました。
あらら、この写真では準備中ですかね。ユニットがバラけていますし。陣営はドイツ軍をYさん、連合軍をHAさんが、それぞれ担当。
後ほどの様子を眺めたところ、ドイツ軍の前進が止められていましたね。小さいゲームでは有り勝ちなのですが、最初の出だしでコケると、お手上げになってしまうのです。まあ、そこを突破できるようには、なっているハズですが。
 
 
HJ『ドミニオン』

定番である『ドミニオン』も対戦されていましたね。
この様子では4人戦になっていますか。
むむむ、写真を見るとですね。NO RETREAT上がりのKBさん、それに断鉄さんも見えますか。山崎さんも対戦に加わっていた記憶がありますから、他はsawadaさんか、miyapomskyさんになりますか。
 
土曜日の様子は以上です。
『KOREA’95
の対戦はメモしてありますので、こちらは別記事にして詳しくアップします。
 
 

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictogram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新CM

[04/28 yb-tommy]
[03/26 yagi]
[03/25 Wilandor]
[02/24 yagi]
[02/24 yagi]
[02/24 少将]
[02/24 軍曹亭!]
[02/19 yagi]
[02/16 西新宿鮫]
[01/28 yagi]

最新TB

プロフィール

HN:
yagi1964
性別:
男性

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

アクセス解析

フリーエリア