忍者ブログ

2017-10-22 02:43

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009-05-18 11:53

『第六十八回千葉会の報告』土曜日版 その3

『アメリカの独立戦争だぜ!』

WG『HOLD THE LINE』


WGと言ってもウォーゲームではなく、ワシントン・ゲームだそうです。
以前にも紹介しましたね。今回は別のシナリオです。名前はあったんですけど、忘れてしまいました。
写真はゲームが始まったところ。2ターンの最初になりますか。
シナリオの展開は、鶴翼の陣を敷くアメリカ軍へ、縦列のイギリス軍が突進するというものです。
縦列の大部分は、未だにマップに現れていません。
さて、アメリカ軍には砲兵があります。イギリス軍は、そこへ接近するのは、かなり痛そうなので、まずは一番左の集落を目指します。
先陣を切るのは竜騎兵(ドラグーンって書いてありますもん)と指揮官に率いられたエリート。



集落を巡る激戦です。
集落が天王山と両陣営とも、指揮官を投入します。
攻めあぐねたイギリス軍は、砲兵までも突進。至近距離から砲撃を加えます。
これにより、この集落はイギリス軍の手中へと。この集落の防御効果を利用して、イギリス軍は砲兵を進出させ、アメリカ軍へ砲弾の雨を降らします。
ちなみに、接近戦に向かないドラグーン君は離れて見てます。


右翼で押したイギリス軍は、左翼でも圧力を加えます。
こちらはエリートに快速な軽歩兵(LT)が突進します。
森でも前哨戦は、こちらもイギリス軍の勝利。この勢いで押し切りを目指します。



しかし、後退はアメリカ軍の作戦でした。
戦線を縮小し、森の防御効果と砲兵の威力で、歩兵が多数のイギリス軍を寄せ付けません。
イギリス軍は接近するたびに、砲撃で損害を出し、攻めあぐねています。



それでも序盤に砲兵を失ったイギリス軍は前進するしか、勝利を獲得することはできません。
最後の手段で、指揮官を先頭にアメリカ戦線へ突進しますが、死傷者が続出します。
前半はイギリス軍が圧倒していたのですが、アメリカ軍が魚燐の陣へと変換したら、手も足も出ませんでした。
最終的にVPも逆転し、アメリカ軍の勝利となりました。
対戦後に話を聞いたところ、ここまで戦線を縮小すると、白兵戦を仕掛けられると、後退するスペースがなく危険だった、と。
なーるほど。でも、序盤に砲兵を失うと、ちょっと逆転は難しいみたいです。




『ウルトラセブン』

独立戦争ではありませんが、『ウルトラセブン』もここのにアップしておきます。スペースの関係なんす。
ひょっこり顔を出したKBさん。荷物は山崎雅弘さんの『モスクワ攻防戦』とこの『ウルトラセブン』のみ。
いきなりで『モスクワ攻防戦』は辛いだろうと、『ウルトラセブン』になりました。
なかなかの面白さで、笑いが起こっていましたね。
噂では、コミックマーケットで頒布した当初に、すぐにヤフーオークションで出ていて。結構な高値を付けていて。ところが、一時過ぎると安定して、ソコソコの値段で入手できたそうです。

 

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictogram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新CM

[04/28 yb-tommy]
[03/26 yagi]
[03/25 Wilandor]
[02/24 yagi]
[02/24 yagi]
[02/24 少将]
[02/24 軍曹亭!]
[02/19 yagi]
[02/16 西新宿鮫]
[01/28 yagi]

最新TB

プロフィール

HN:
yagi1964
性別:
男性

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

アクセス解析

フリーエリア