忍者ブログ

2017-11-20 16:38

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011-05-24 16:32

『SKのポーランド軍対チェコ軍』

S44『ACROSS THE BORDER』

千葉会の土曜日に、ホンキチさんが最新SKシナリオ集『STARTER KIT EXPASION#1』を持込まして。せっかくだからと、そこから選んで対戦しました。
ホンキチさんのリクエストで、珍しいポーランド軍対チェコ軍のシナリオにしました。こちらのシナリオの和訳をアップされた方がいまして。チェコではなく、スロバキアのような。まあ、気にせずいきませう。
http://war.game.coocan.jp/ASL/?Scenarios%2FS%2F44%20Across%20the%20Border
私も、英語をそれほど出来る訳ではないので、シナリオについては詳しく分りません。せいぜい、ACROSS THE BORDERというので、国境線を越えたばかりの戦いなんだろうな。ポーランドとチェコだから、大戦初期なんだろうな、くらいです。ポーランド軍は後々イギリス軍扱いになりますから。

兵力はポーランド軍(薄い緑色)が6個分隊。4-5-7×3と4-3-7×3。指揮官が9-1と8-0の2人。それにATRとMMGが1個ずつ。対するチェコ軍は9個分隊。4-4-7×4、3-4-7×5。指揮官は9-1と8-0の2人。それに装甲車×4。この装甲車が微妙で、機関銃にも装甲を撃ち抜かれる危険があり、装備も威力不足の機関銃のみ。
チェコ軍は、歩兵兵力は質的に心持たないものの、装甲車で何とかするのでは?
ポーランド軍は、兵力が少ないものの、全てHIPなので、それを活かすのでしょう。
そんな感じのシナリオです。
勝利条件はチェコ軍が6VP以上の獲得をすること。
装甲車がマップ下の道路から出ると、各1VP。それからVの建物が各2VP。

陣営は私がポーランド軍、ホンキチさんがチェコ軍を担当しました。

こちらが、ポーランド軍の配置になります。全てHIPなので、これらを紙に記録して、マップには何もない状態でゲームは始まります。ちなみに、SKにはHIPのルールがないため、長々としたSSRで調整しています。英文なので面倒だったのですが、大元のHIPのルールを知っているので、それから想像しました。
配置の狙いですが、まあテキトーにです。
だいたい、これくらいのシナリオなら、ノリでイケるんです。配置は赤の道路から下になりまして。Vの建物を全部守ろうとしたら、多勢のポーランド軍に崩されてしまい。かといって、下がり過ぎると押し切られてしまう。そこで前衛に幾つか置いて、時間稼ぎをして、後ろ2つの建物に逃げ込む。そこにはATRとMMGがいて、お仕置きする、と。あれ、ATRは少し変えたかな。


こちらが1ターンのチェコ軍が進入したところになります。装甲車がATRへ近づいて来たので、狙ってみました。他のポーランド軍は撃ち方待て!です。
さて、ここで気が付いたのですが、1ターンに入って来るチェコ軍が多くねえ?と。どうやら、ホンキチさんが勘違いして、2ターンに出てくる部隊も入れたのでした。
さすがに「間違えてもそのまま続けろ」のルールがあるASLでしたが、これはヒドイので、やり直しにしました。


こちらが配置の変換図。
あまり大きな変更をしませんでした。メンド臭かったし。さて、ATRとその分隊の位置を1ヘクス後ろへ。それから単独で配置されていた8-0を左翼の前衛へと。変更点は、その2つでした。


こちらが1ターンのチェコ軍が進入して、ポーランド軍が射撃をした時点になります。
ATRの直近まで迫った装甲車を1輌撃破しています。そして右翼を突っ走って来たチェコ軍の分隊を、前衛が射撃して混乱させています。
さっきは前衛の射撃をしませんでした。それはチェコ軍の兵力が多かったので、もっと接近してから痛撃くれたろー、と思っていたので。ところが、今度は少ないので削ったろー、と思ったのでした。まあ混乱止まりでしたが、指揮官がいないため、このユニットの戦列復帰は遅いでせう。
さて、ここで装甲車を1輌撃破したので、勝てんじゃねえの、と思ってました。
というのは、勝利条件を勘案すると、チェコ軍は「装甲車全部出して、Vの建物1つ占領」か「Vの建物を3つ全部」か「Vの建物を2つと、装甲車2輌以上出す」の3通りがあるのです。
まずターン数は5ターンで短く、「建物全部」は難しいです。装甲車がもっと強力であれば、全てを磨り潰して、それを狙ってもイケます。でも、弱いっしょ。
装甲車を1輌撃破された以上、全部出すという選択もなくなりました。
ですから、チェコ軍はこの時点で建物を2個以上占領する必要が出来たのです。そして、それはポーランド軍に「建物1個は放棄していい」という戦略的な要素を与えたのです。
これを防ぐためには、幾つか戦術的にありました。まず、ATRなど小口径の火器では、2ヘクス以内で貫通力が上がります。ですから、4ヘクス以上離なれていれば、それだけ撃破される可能性は低くなりました。次に、歩兵を磨り潰すつもりで、一気に走らせて、ポーランド軍の射撃を誘う。そうなると、建物を占領する歩兵が足りなくなるのですがね。


ちょっと進んで3ターンのチェコ軍の移動終了時になります。
装甲車は2輌撃破されています。で、ポーランド軍は予定通りに、最終の防衛ラインまで下がっています。
ポーランド軍の読みが違ったのは、自軍の右翼が崩れてしまっていること。それでもって、そちらの兵力が少なかったのです。実は、ATRの下に4-3-7がいて、それを持っていけば、チェコ軍の攻め手は無くなっていました。それでも、MMG4-3-7はHIP中なので、ポーランド軍が有利なのは動かない、と。実際にその通りになりましたし。
しかし、例会へ参加する頻度は少ないものの、センスに優れているホンキチさんですから、勝負を最終ターンの白兵戦まで持ち込みました。ちょっと焦りました。

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictogram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

2011-05-24 17:56

無いわけではないんですけどね

SKでも大砲はHIP配置なので、HIPが無いわけではないんですけどね。
歩兵のHIPは無いのでSSRになっているということなんでしょう。

2011-05-24 20:07

そうえいば

大砲はHIPでしたっけ。忘れてました。

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新CM

[04/28 yb-tommy]
[03/26 yagi]
[03/25 Wilandor]
[02/24 yagi]
[02/24 yagi]
[02/24 少将]
[02/24 軍曹亭!]
[02/19 yagi]
[02/16 西新宿鮫]
[01/28 yagi]

最新TB

プロフィール

HN:
yagi1964
性別:
男性

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

アクセス解析

フリーエリア