忍者ブログ

2017-08-22 10:38

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010-08-10 08:34

愚者のたわごと その7

7ターン



アフリカヌスの増強
上の図がカルタゴ、ローマの増援を終えた時点だ。6ターンでの消耗戦により、両陣営ともCUといい、PCといい大きく減らしている。その中で特筆すべきはアフリカヌスで、9CUまで回復されている。他のローマ将軍は、それぞれ5~8CUを引き連れているため、打撃力としては十分に脅威だ。
カルタゴと言えば、多くて6CU。ハンニバルなどは3CUしか維持できていない。
これで戦争になるのか?



7ターンカルタゴ手札
何とか悪い流れは終わったようだ。
メジャーにマイナーキャンペーンが1枚ずつある。「外交」は悪さするにはいいカードだ。「麦の不足」はシチリアの支配が関わるため使えない。もう1~2ターン早ければ。「バレアレス諸島の投石兵」は使い勝手の良い増援になる。
他もOPが低くないので、全体的に強力ではないものの、決して悪くない手札だ。


ハンニバルのスペイン帰還とローマの掃討作戦
ハンニバルはこれ以上ガリア・キサルピナでの行動は不可能と判断。スペインへと帰還した。スペインへと着いたと同時に「バレアレス諸島の投石兵」を呼び込み、僅かながらに戦力を回復させた。






7ターン終了時点
さて、このターンは小康状態だったと言っていい。
兵力の枯渇しているカルタゴは、失ったPCの復元に追われる。ローマも同じくこれまでの劣勢で失ったPCの復元に追われる。2人して何してんだか。

ポイントをいくつか拡大して笑点・・・。タッタカタカタカッタッタ♪
ではなく(やってみたかったんだよ)、焦点を当てて解説する。
ハンニバルは6CUまで回復したため、いつでも反攻へ移れるようにと、「ガリア・キサルピナを慕いて」アルプスのこちら側まで取って返している。

アルプスの向こう側では、アフリカヌスがガリア・キサルピナのカルタゴPCをローマPCへと変換、浸透という地味ーな作業を行っている。

カルタゴの嫌がらせはPC置きと「外交」のコンボによるアプリア支配。今はこれが精一杯。


カルタゴ勢を追い払ったシチリアでも地味な作業を行い、長期間に亘ったカルタゴの橋頭堡を排除したのだ。


地域の支配はカルタゴ11、ローマは7。
未だに地域の支配ではカルタゴが圧倒している。そして地域の支配差分のPCは、草が茂って来た“草刈場”のマッシリア周囲から刈り取った。
全体的に安定を取り戻しているのが見て取れるだろう。







拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictogram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新CM

[04/28 yb-tommy]
[03/26 yagi]
[03/25 Wilandor]
[02/24 yagi]
[02/24 yagi]
[02/24 少将]
[02/24 軍曹亭!]
[02/19 yagi]
[02/16 西新宿鮫]
[01/28 yagi]

最新TB

プロフィール

HN:
yagi1964
性別:
男性

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

アクセス解析

フリーエリア