忍者ブログ

2017-08-22 10:33

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010-08-10 19:41

愚者のたわごと その9

最終9ターン前半



9ターンの布陣
上の図がカルタゴ、ローマの増援を終えた時点だ。
ハンニバルは9CUまで回復している。アフリカヌスも10CUだが。ローマは他に3つの最大

兵力に近い打撃部隊を維持しているが、カルタゴは4と6CUと如何にも心持たない兵力だ

。まあ史実でもカルタゴは敗北しているのだから、ある意味仕方ないところでもある。


9ターンカルタゴ手札
勝った!
この手札を見た瞬間に確信してしまった。前のターンに「セルチベリア反乱」をこちら

が使っており、「ヌミディア反乱」「コルシカ反乱」が手元に来たので、反乱カードに

よる支配を失うことがないのだ。そして「シチリア反乱」で支配を崩せば、まさかそのままではあるまいが、ローマはそれなりの対応を迫られることとなる。現在の支配は8ずつで同じだ。要は、守ればいいということなのだ。「強行軍」をターン終盤まで持っていれば、ローマを迎撃するのに心強い。「傭兵の逃亡」もカルタゴ全軍の損耗を避けられるので有り難い。他もイベントしては有効でないものの、使い勝手が良いカードにが来ている。




勝つと思わば・・・

カルタゴ 1stアクション

カルタゴの初手は「傭兵の逃亡」を使ってのPC置きだ。先ほど失ったアプリアへ2個のPCを置いた。これでローマが何等かの対応をするかのエサだ。


ローマ 1stアクション

そんなこちらの思惑を他所に、ローマの初手は「メッセンジャー・インターセプト」。ああ、これまでは和訳の題名を述べて来ましたが、実際には英文の読みでレッツゴーしてるんです。まあ、テキトーに理解してくだされ。
で、持って行ったカードは「ヌミディア反乱」・・・。
このタイミングでそれを持って行くかー!?

ここで一気に戦況が変わってしまった!!
ローマの後手なため、最後に「ヌミディア反乱」を行われると、それだけで支配数を1つ失ってしまう。と言う事は、これまでは「守ればいい」だったのが、これからは「勝たなくてはダメ」になったのだ。しかも手札が1枚少ない状態でだ。
この世には神も仏もあるものか!?ああ、オレのは元々いねえや。

カルタゴ 2ndアクション

カルタゴは二手目で冷静(本当かよ)に「バレアレス諸島」でニュー・カルタゴを増強。


ローマ 2ndアクション

ローマは「増援」で・・・、スペイン侵攻!
メッシナに駐屯していたヴァロが9CUを率いて、スペインのガベスへ上陸。尚も攻勢を目指すか!?

カルタゴ 3rdアクション

カルタゴはスペイン守備を担うマゴを動員。「コルシカ反乱」を使い、ヴァロへの強襲を行ったのだ!



ガベス会戦
BCは11枚で同じ、将軍の能力もほとんど差がない互角の戦いだ。マゴはCUで劣勢なものの、スペインの地元衆を味方に出来るので、兵力差を補っている。
註:多分、計算か何かしらを間違えている。何故ならヴァロは8CU+戦闘能力1の合計9にしかならないのだ。まあ、いいんじゃん終わったことだし。

マゴのBCは上の図になる。
悪くない。両翼包囲がないのは気になるものの、他はバランスが取れている。余程さいの目が偏ることさえなかったら、負ける戦いではないだろう。

マゴは、左翼に突撃を命じる。それをヴァロは受け止める。主導権のDR1・・・。フッ、ヴァロでも攻撃権を得られたんだ。

ヴァロは左翼を突撃させる。マゴもまた余裕のある左翼で受け止める。

同じ種類のBCを投入とは、如何なる戦いなのだろうか。主導権のDRは6・・・。マゴさんよお、もうちょっとシャキっとできないかい!?

ヴァロはまたもや左翼を突撃。それをマゴは最後の左翼で受けとめる。主導権のDR2、マゴが何とか攻撃権をもぎ取る。

マゴは右翼を突撃させる。ヴァロもそれを受け流す。しかし主導権のDRは6。そうだよなー、ヴァロだもん。

マゴは再度右翼を突撃させる。ヴァロもそれを受け止める。ヴァロらしくないなぁ。しかも主導権DRが1で、攻撃権まで持って行く。本当にヴァロかい!?

ヴァロの左翼突撃をマゴが予備で喰い止める!!この2人の戦いがここまで伸びるなんて誰が考えるのかい!?主導権のDRは6、Σ( ̄□ ̄;)ヒー!!!

ヴァロの出したのは探り・・・。あら、向こうも左翼突撃が無くなったのね(・ω・;)。主導権のDRは2、ようやくかよマゴォ。頼むよー。

マゴが繰り出したのは右翼突撃。これに対抗すべき手段がないヴァロの敗北となった。しかも退路のないヴァロは、全てのCUとともに海へと追い落とされる。戦闘で失ったCUの半分である、4個のPCを取り除いたので、ローマとしても大打撃だ。

マゴはラウンド数の1CUを失ったのみ。久々のカルタゴ大勝だ。


ローマ 3rdアクション
ローマは失ったPCの穴埋めで「麦高騰」を使う。見分けのつき難いので図は省略する。

カルタゴ 4thアクション

カルタゴは戦勝に沸くマゴを「ヌミディア同盟」を使い、足掛かりのあるアプリアへ上陸させる。メッシナに駐屯していたヴァロが壊滅し、ローマのP・スキピオでは1手番で追い付かないとの読みだった。

ローマ 4thアクション

しかし、ローマは「マイナー・キャンペーン」を決行し、ローマ本陣のP・スキピオをマゴ狩りへ動員。「ああ、ここはローマから4エリアで、1手番で届くんだ」と気が付いても後の祭り。


ムルティム会戦
BCはマゴ7枚、P・スキピオ14枚と絶望的な戦いだ。

マゴのBCは上の図になる。まあ、逃げ場はないし、万が一ということもあるので、投げはしないが・・・。

P・スキピオの初手は探り・・・。これはアカン!アカンやろ!?予備で受けるが、主導権DRも5。アカン、アカンわー!!

やっぱりアカンかったわー。今度はマゴが海へレッツ・ゴーするハメに。

ローマ 4thアクション続き
「マイナー・キャンペーン」なので、ローマはもう1人将軍を動かせる。そこでアフリカヌスを前進。カルタゴのPCがある地点へ居座る。これでハンニバルがアルプスを越えてきたら迎撃するんですね。分かります。

上の図がムルティム会戦で勝ち誇るP・スキピオと、アルプス一万尺を曝しまくりのアフリカヌス。

長くなったんで、ここで中断します。

ラスカル、僕疲れたよ。

拍手[1回]

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictogram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新CM

[04/28 yb-tommy]
[03/26 yagi]
[03/25 Wilandor]
[02/24 yagi]
[02/24 yagi]
[02/24 少将]
[02/24 軍曹亭!]
[02/19 yagi]
[02/16 西新宿鮫]
[01/28 yagi]

最新TB

プロフィール

HN:
yagi1964
性別:
男性

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

アクセス解析

フリーエリア