忍者ブログ

2017-03-27 21:33

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010-09-17 21:58

『Paths of Gloryリプレイ3:過酷な世界への疾走』

ここからは両陣営とも限定戦争へと突入し、カードの記憶も定かになるため、リプレイも飛ばすようになります。
この方が読まれる側に取って、戦況が理解しやすいでしょう。
何より、両陣営とも戦争状態を上げることを優先し、指し手も早くなっています。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
『3ターン終了時点』
3ターン終了時点
アクションの分類から考えると。
CP「ブルガリア参戦」「AH増援」「GE増援」「マタハリ」、そしてOps×2。
AP「BR増援」「ルシタニア」「スパイ」、Ops×3。
でした。
APはイベントの行え分、Opsを行いました。ガリシア戦線で攻勢に出て、AHへ消耗戦を仕掛け、プルゼミスルを攻囲しています。CPはその攻勢をカルパチア山脈で支えています。APの攻勢は西部戦線でも行われ、クラスニックにFRスタックが前進。フランクフルトを攻撃し、その守備隊を退ける。
CPはガリシアと西部で防戦を行っていたが、セルビア戦線で攻勢を行う。セルビアをSUD軍とAH軍の強襲により、セルビア南端まで追い込む。
WSは、CPが7、APが6。VPは8だった。時間は10:48。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
『4ターン終了時点』
4ターン終了時点
アクションの分類です。
CP「AH増援」「RP」「SR」「アフリカの戦争」、そしてOps×2。
AP「IT参戦」「RP」「SR」イカン、APのアクションのチットをどかしてしまった。これ以上は分からないや。RPもやったのかな?FRの軍が2個壊滅しているのに、その再編成が進んでませんから。
とにかく、戦況を解説して行きましょう。
APの攻勢は実を結ぶ気配はありません。ロシアによるガリシア戦線の攻勢も、カルパチア山脈で防がれています。せめての戦果はプルゼミスル要塞の攻略でしょうか。これ以上は、CPの増強も考えると、切り替え時なんですけど。背後の支えを受け、CPはイタリア戦線とバルカン戦線で攻勢を行いました。弱体なイタリア軍を撃退し、BR軍の投入を招きます。バルカンでも慌てず、セルビアを追い詰め、モンテネグロへの攻撃態勢を整えます。他には近東へ両陣営とも、増強を行っています。CPはブルガリア軍、APはBR軍が見えます。
WSは、CPが7、APが8。VPは7だった。時間は11:08。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
『4ターン終了時点』
4ターン終了時点
あれ、4ターンの写真が2枚あるなぁ。多分、ターンマーカーを動かすのを忘れているのでしょう。気にせず進めましょう。
アクションの分類です。今回は写真が鮮明なので詳しく行けそうですね。
CP「AH増援」「RP」「SR」「アフリカの戦争」、そしてOps×2。
AP「Ops」「RU増援」「BR増援」「SR」「Ops」「RP」
「ツェッペリンの空襲」は使ったのかなぁ。記憶にないけど、これがなければWSが進まないんです。CPは着々と近東のガサラインを強化してます。APは手が進まず、苦戦していますね。本当に苦戦。西部戦線ではドイツ軍の反撃により撤退を余儀なくされていますし、ガリシア戦線でもプルゼミスルを陥落させたものの、反撃により後退を強いられています。
WSは、CP・AP共に9。VPは7でした。時間は11:28。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
『5ターン終了時点』
5ターン終了時点
CPは「Ops」「GE増援」「AH増援」「ヴァルター・ラーテナウ」「Ops」「イベント」「イベント」
APは「BR増援」「SR」「RU増援」「Ops」「RP」「Ops」

CPはイベントを2回行っていますが、それが何だかはわかりません。WSは
「ヴァルター・ラーテナウ」で2上がるため、それ以上になっていないため、解析不明なのです。APは遅れを取っていますね。
次のターンから、CPのみ全面戦争で、APは限定戦争です。できれば、同じくらいの進捗状況を目指していましたが、致し方ありません。
WSはCPが11、APが9。VPは7です。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
『6ターン終了時点』
6ターン終了時点
CPは「GE増援」「RP」「SR」「Ops」後は何だろうか?無理に読み解くより、謎をそのまま投げかけるのがいいでない?
APは「MEF」「サロニカ」「ユーデニッチ」「RP」後は分からないなぁ。
AHによるバルカン侵攻は、一つの目処を立てています。サロニカにはSUD軍を控えさせ、イタリアからの侵攻を予想されるアルバニアにも防御の布陣を敷いています。
近東でも、MEFとCAU軍には前面にトルコのスタックが待ち受けていて、オイソレとは手が出せません。
WSは両陣営とも11。VPは7でした。

これで両陣営とも全面戦争に突入です。
私は、こう言った悲惨なイベントを行う度に、19世紀の優雅な世界から、遥かに隔絶された世界へと離れて行ってしまうように思えるんです。そして、それは30年後に取り返しの付かないくらいに、過酷な行動へと突き進めさせてしまいます。このゲームを対戦して、それを振り返るたびに、もう戻れないんだな、と思ってしまいます。

全体的に見て、カード回りは圧倒的にAPが有利で、それはこの限定戦争で顕著でした。
APはイギリス軍やロシアの増援カードがまとめて来たため、どれかを流す羽目へと追い込まれました。何より、戦争状態を上げるカードがなかなか来ずに、WSで先行され、それが尾を引きました

近東で攻勢を行うつもりでいました。普段以上に。
何故なら、MustAttackでの発言を見ていただけで、近東での動きが乏しい事が読み取れたからです。
APが近東を崩すので、一番簡単なのは、限定戦争に入ったターンで、「ユーデニッチ」が手元に来ており、CPに「ケマル」がない事を、「スパイ大作戦」で確認してしまうのです。後は、CAU軍が裏返るまで攻撃を続ければ、大概はモスルとバグダッドがAPの手に転げ込んで来ます。これでAPの負けは無くなると言っていいでしょう。
次は全面戦争へ入ってから、トルコのYLDやAoIが動員される前に、イギリスのNE軍でガザラインを抜いてしまう事。これで以南のダマスカス、エルサレム、それにメディアはAPの物になります。これが決まると、APの勝ちは動きません。
厄介なのは、戦争状態でCPに先行され、APの近東でのアプローチであるMEFやCAU、それにNEの“軍”が動員されても、CPの防備が整っている場合。
諦める?いやいや、そんな事ではAPの負けが決まってしまいますね。
では、実際にどうするかは、このリプレイでやっています。お楽しみは後で、って事(゜∀゜)。


拍手[1回]

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictogram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新CM

[04/28 yb-tommy]
[03/26 yagi]
[03/25 Wilandor]
[02/24 yagi]
[02/24 yagi]
[02/24 少将]
[02/24 軍曹亭!]
[02/19 yagi]
[02/16 西新宿鮫]
[01/28 yagi]

最新TB

プロフィール

HN:
yagi1964
性別:
男性

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

アクセス解析

フリーエリア